大田市は、ユネスコの「平和と人権尊重」の精神に基づき、
世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の保全と活用を進めています。

一覧へ戻る

映画「砂時計」を巡るコース

2008年映画化もされた「砂時計」舞台が大田市仁摩町だというのはご存知でしょうか。
今でも根強いファンの方が撮影現場を訪れています。
そんな「砂時計」の撮影現場、ゆかりのある場所を巡る旅はいかがでしょうか。

オススメ

  • ファミリー向け
  • 女性向け
  • 春
  • 夏
  • 秋

仁万駅より車で3分/世界遺産センターより車で11分

仁摩 仁摩サンドミュージアム

冒頭のシーンで母親と主人公「杏」が訪れた場所
劇中に登場する砂時計もここで購入したものです。

詳しくみる

仁摩 琴ヶ浜海水浴場

ドラマ版のみ、この琴ヶ浜海水浴場が使用されています。

詳しくみる

仁摩 れすとらんココット

少し映画を離れて昼食にしましょう。
仁摩のここっとで名物「鳴き砂ラーメン」はいかがでしょうか。
定食やスイーツも充実しています。

詳しくみる

大代 飯谷

島根県大田市大代町新屋『杏』に『大悟』が「おれがずっと一緒におっちゃるけん。」と約束するシーンの撮影が行われました。

大代 木村酒造

大田市大代町大家近所に住む『月島 藤』の家が営む『月島酒造』として登場します。

三瓶 浮布池

東京から島根に帰ってきた『杏』。『大悟』とすれ違う。
二人が久々の再会を果たした場所です。

詳しくみる

三瓶 山の駅さんべ

山の駅さんべで休憩しましょう。
三瓶を中心に地元にものにこだわったお米や高原野菜を使った軽食、スイーツなどを提供されています。

詳しくみる

三瓶 湯元旅館

舞台巡りで疲れた体を癒すのはやはり温泉がよいでしょう。
湯元旅館にて疲れを癒してください。

GOAL

一覧へ戻る

TOP