大田市は、ユネスコの「平和と人権尊重」の精神に基づき、
世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の保全と活用を進めています。

一覧へ戻る

石見銀山を巡る旅 大森の街並み散策編

世界遺産登録10周年を迎えた「石見銀山遺跡とその文化的景観

銀を採掘した坑道「間歩」や街並みを観光することができます。

今回は大森の街並みとその周辺の観光スポットに灯りを灯していきましょう。

オススメ

  • ファミリー向け
  • 秋

大田市駅より車で19分

大森 世界遺産センター

※4~11月の毎週金土日祝日は大久保間歩公開限定ツアー開催中
9:30/10:30/12:15/13:15の4回開催 各20名限定の予約制です。

石見銀山の歴史を学んだ後はバスに乗って
 大森代官所跡バス停で下車

詳しくみる

大森 城上神社

島根県指定有形文化財(建造物)になっている城上神社の見どころは、拝殿の鏡天井にある極彩色の「鳴き龍」です。
絵の真下に描かれている丸の中に座って手をたたくと、まるで龍が鳴いているかのように、リンリンと澄んだ音が鳴り響きます。
祭神は、大国主命(おおくにぬしのみこと)で、社殿は江戸の亀井戸天満宮を手本とした入母屋造り(いりもやづくり)瓦葺きという、様式の重層式拝殿です。

詳しくみる

大森 石見銀山資料館

直轄領の銀山を治めた江戸幕府の代官所跡。石見銀山の採掘工具や古文書、鉱石、絵巻などを展示しており、当時の石見銀山の様子を学ぶことができます。
石見銀山資料館は、旧迩摩郡役所(明治35年)の建物を利用しています。 17世紀に銀山柵内から大森地区に移転した石見銀山支配の中枢施設跡で、 地方役所と銀山方役所からなリ、現存する門長屋(1815年再建)には門番詰所や仮牢などが残っています。二代目奉行、竹村丹後守(たけむらたんごのかみ)の時に、現在の地に移りました。

詳しくみる

大森 うめの店

日本海の新鮮な魚料理を味わえる「うめの店」。魚料理が中心の抹花堂定食が好評で、コース料理もあり(要予約)人気です。栄養満点の定食セットが1000円前後で堪能できるので幅広い年齢層に喜ばれると思います。お子様にも嬉しいオムライスセットやから揚げ定食も揃っています。

大森 熊谷家住宅

代官所跡から南西50mにあり、町の通りに面して立つ大森銀山地区最大の商家建築。銀山経営のほか、酒造なども営んでいました。

熊谷家は金融業などを営みながら、町役人や代官所の御用商人を務め、19世紀には大森の中で最も有力な商家の一つとして栄えました。現在の建物は1800年の大火後の再建ですが、その後順次整えられていった屋敷構えの変遷の様子や生活ぶりが窺える貴重な商家建築です。平成18年4月から一般公開されています。
この他、町並みの中には武家屋敷の旧河島家(有料)、青山家、三宅家、宗岡家、金森家など地役人や銀山経営に関わりの深い旧家が立ち並んでいます。

詳しくみる

大森 ベッカライコンディトライヒダカ

遺産・石見銀山に続く大森の町並みに位置しパン作りに関して豊富な知識と高い技術を持つ「製パンマイスター」の営むパン屋さん。ドイツ生まれのパンが豊富に揃い、香り豊かな「ライ麦パン」、ドイツの国民食とも言われる「ブレッツェル」のほか地元野菜をふんだんに使用したキッシュなどたくさんの種類のパンが並びます。店内にはイートインコーナーもありますので、街歩きの休憩にもお勧めですよ。

詳しくみる

大森 西性寺 ~ 観世音寺

左官の神様とも言われる名人が描いた鏝絵「鳳凰」が存在します。
両方回って見つけましょう!

温泉津 のがわ屋

温泉津エリアへ移動して、温泉津温泉のがわ屋へ宿泊は如何でしょう。
毎週土曜は龍御前神社にて夜神楽も楽しめます。

GOAL

一覧へ戻る

TOP