大田市は、ユネスコの「平和と人権尊重」の精神に基づき、
世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の保全と活用を進めています。

羅漢寺 五百羅漢

大森エリア

石見銀山の石工技術をよく表しており、石造物文化を代表する貴重な信仰遺跡です。

明和3年創立、真言宗。
18世紀中頃、銀山で亡くなった人々の霊と先祖の霊を供養するために25年かかって代官や代官所役人、領内の人々の援助、協力により石橋などを築き、石窟内に石造の五百羅漢を納め羅漢寺を建立しました。
岩盤斜面に3つの石窟があり、中央窟に石造釈迦三尊仏を、左右両窟には五百羅漢像がそれぞれ250体ずつ、計501体の坐像が安置されています。

住所 大田市大森町イ804
TEL 0854-89-0005
営業時間 9:00~17:00
定休日
メニュー 個人 一般500円/小人300円
団体 一般400円/小人200円
URL http://www.rakanji.jp/

コメント

行ったtatatat:
そういえば長らく行ってません。
行ったこんにちあん:
銀山で亡くなった人々の五百羅漢さまに、感謝の気持ちで手を合わせました。
行ったラッキー:
五百羅漢見てみたいですね。
行ったこんにちあん:
ただただ今ある幸せに感謝したいそんな気持ちにさせてもらいました。今は昔の人を敬いたてまつる習慣が薄くなったように思いますから、若い人にこそ来て欲しいと思います。
行ったバービーのママ:
うちの実家の近くの五百羅漢と 違った味わいです
TOP