大田市は、ユネスコの「平和と人権尊重」の精神に基づき、
世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の保全と活用を進めています。

イベント

VR銀山 ~石見銀山 大久保間歩~

VR(バーチャルリアリティ)で石見銀山・大久保間歩の見学体験!
★石見銀山世界遺産登録10周年記念★

 実施期間:2017年7月14日(金)~23日(日)期間中10:00~16:00

会場:石見銀山世界遺産センター

料金:無料

 360° すべてがリアル。 歴史が生んだ巨大地下空間を、VRで

現在、一般公開限定ツアーでしか見ることのできない

石見銀山最大級の坑道跡「大久保間歩」、そしてその中の巨大空間「福石場」を

VR(バーチャルリアリティ)技術を通してご覧いただくことのできるイベントを開催いたします。

 

◆VR銀山 ~石見銀山 大久保間歩~

ゴーグル(VRヘッドマウントディスプレイ)を装着し、

大久保間歩内で撮影したリアルな360°映像(上映時間:約4分)を通して、まるで実際の大久保間歩坑内にいるかのような体験をしていただけます。

坑道内部の様子や、壁面から伺える掘削の痕跡を解説したナレーションで、大久保間歩の成り立ちを分かりやすくご案内します。

ぜひこの機会に、リアルな映像体験を通して石見銀山の歴史を感じてください。

 

※一日の体験人数には制限がございます。当日の体験ブースでご確認ください。

お問い合わせ
TSK山陰中央テレビ メディア開発部
0852-20-8888(平日9:30~17:30)

各交通機関によるアクセス

TOP