大田市は、ユネスコの「平和と人権尊重」の精神に基づき、
世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の保全と活用を進めています。

イベント

「しまね映画塾2017in石見銀山・仁摩・温泉津」作品発表上映会

2017年9月 石見銀山・仁摩・温泉津を舞台に撮影された

短編映画8本の上映会が以下の日程で開催されます。

日時:平成29年11月23日(木) 開場13時~、上映13時半~
場所:大田市民会館大ホール
建物内、ホワイエでは映画塾中のスチール写真展示を行います。)

しまね映画塾とは・・
映画館の少ない島根県で公共ホール等を会場に県内各地に映画を届ける「しまね映画祭」が、映画の製作体験を通してもっと映画を知ってもらうことを目的に2003年から開催しているワークショップです。

映画監督錦織良成塾長のもと、脚本作りや実際に撮影合宿で短編映画を撮影し、編集、上映までを行う充実した内容で、これまでに県内14ヵ所で開催し、130本を超える作品が生まれました。

2017年は石見銀山・仁摩・温泉津エリアで開催され、9月16日から18日の3日間大森町・仁摩町・温泉津町の世界遺産地内を中心に撮影が行われました。

お問い合わせ
大田市教育部 文化・スポーツ推進室(電話0854-82-8129)

パンフレットはこちら

各交通機関によるアクセス

TOP