大田市は、ユネスコの「平和と人権尊重」の精神に基づき、
世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の保全と活用を進めています。

ガイドの語りで銀山を知ろう!

毎日催行

大森の町並みをガイド!

江戸時代の面影が残る町並みに、銀山採掘に関わった人々の想いを感じる事ができるツアーです。建物にまつわる様々な逸話を聞きながら、大森の町を歩いて楽しめます。
※ガイドツアーでは、施設内には入りません。

催行時間:10:30~
(12月29日~1月4日は除外日)
所要時間:約100分(1㎞) 有料
集合場所:大森代官所跡バス停前
お問い合わせ:石見銀山ガイドの会
TEL:0854-89-0120

ガイドの語りで銀山を知ろう!

毎日催行

大森の町並みをガイド!

江戸時代の面影が残る町並みに、銀山採掘に関わった人々の想いを感じる事ができるツアーです。建物にまつわる様々な逸話を聞きながら、大森の町を歩いて楽しめます。
※ガイドツアーでは、施設内には入りません。

催行時間:10:30~
(12月29日~1月4日は除外日)
所要時間:約100分(1㎞) 有料
集合場所:大森代官所跡バス停前
お問い合わせ:石見銀山ガイドの会
TEL:0854-89-0120

1.大森エリア:大森(おおもり)ガイドツアーor施設など楽しみたい方は自由に散策

石見銀山資料館

石見銀山領の拠点である大森代官所跡。明治35年に建てられた旧邇摩郡役所の建物がそのまま利用されています。採掘工具や古文書など貴重な資料を展示し、銀山の様子を詳しく知ることができます。

大田市大森町ハ51-1 TEL:0854-89-0846
9:00~17:00 休:年末年始 有料

熊谷家住宅

大森銀山地区最大の商家建築(重要文化財)。熊谷家は銀山を経営するかたわら、金融業や酒造などを営み、町役人や代官所の御用商人を務めるなど、19世紀には大森で最も有力な商家の一つとして栄えました。ここでは、往時の暮らしぶりの一端がうかがえます。

大田市大森町ハ63 TEL:0854-89-9003
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休:毎月の最終火曜、年末年始 有料

五百羅漢

石窟五百羅漢は、銀山で働いて亡くなった人々や祖先を供養するためにと月海浄印が発願し、温泉津の石工坪内平七一門の手により彫られ、25年もの歳月をかけて完成しました。

大田市大森町イ804 TEL:0854-89-0005
9:00~17:00 休:不定休 有料

1.大森エリア:大森(おおもり)ガイドツアーor施設など楽しみたい方は自由に散策

石見銀山資料館

石見銀山領の拠点である大森代官所跡。明治35年に建てられた旧邇摩郡役所の建物がそのまま利用されています。採掘工具や古文書など貴重な資料を展示し、銀山の様子を詳しく知ることができます。

大田市大森町ハ51-1 TEL:0854-89-0846
9:00~17:00 休:年末年始 有料

熊谷家住宅

大森銀山地区最大の商家建築(重要文化財)。熊谷家は銀山を経営するかたわら、金融業や酒造などを営み、町役人や代官所の御用商人を務めるなど、19世紀には大森で最も有力な商家の一つとして栄えました。ここでは、往時の暮らしぶりの一端がうかがえます。

大田市大森町ハ63 TEL:0854-89-9003
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休:毎月の最終火曜、年末年始 有料

五百羅漢

石窟五百羅漢は、銀山で働いて亡くなった人々や祖先を供養するためにと月海浄印が発願し、温泉津の石工坪内平七一門の手により彫られ、25年もの歳月をかけて完成しました。

大田市大森町イ804 TEL:0854-89-0005
9:00~17:00 休:不定休 有料

2.大森エリア:世界遺産センター

2.大森エリア:世界遺産センター

3.温泉津エリア:昼食(温泉津ふれあい館)

温泉津町地内、国道9号沿いにあり、地域の特産品や土産物を取り扱っています。食堂では、海鮮丼やボリューム満点のポーク丼がおすすめ。

大田市温泉津町小浜イ493-1 TEL:0855-65-3151
8:00~17:00 休:毎週月曜日(祭日の場合は翌日) Pあり

3.温泉津エリア:昼食(温泉津ふれあい館)

温泉津町地内、国道9号沿いにあり、地域の特産品や土産物を取り扱っています。食堂では、海鮮丼やボリューム満点のポーク丼がおすすめ。

大田市温泉津町小浜イ493-1 TEL:0855-65-3151
8:00~17:00 休:毎週月曜日(祭日の場合は翌日) Pあり

4.温泉津エリア:沖泊港(おきどまりこう)

毛利氏が石見銀山を支配した16世紀後半に、銀の積み出しとともに物資補給が行われた港で、世界遺産に含まれています。

4.温泉津エリア:沖泊港(おきどまりこう)

毛利氏が石見銀山を支配した16世紀後半に、銀の積み出しとともに物資補給が行われた港で、世界遺産に含まれています。

5.温泉津エリア:ゆう・ゆう館

温泉津温泉街の入口に建つ観光案内所。1階には休憩室があり、町の案内マップなどを揃えています。

大田市温泉津町温泉津イ791-4 TEL:0855-65-3595
4~11月9:15~17:30 12~3月12:30~16:30
休:年末年始 Pあり

5.温泉津エリア:ゆう・ゆう館

温泉津温泉街の入口に建つ観光案内所。1階には休憩室があり、町の案内マップなどを揃えています。

大田市温泉津町温泉津イ791-4 TEL:0855-65-3595
4~11月9:15~17:30 12~3月12:30~16:30
休:年末年始 Pあり

6.温泉津エリア:西念寺(さいねんじ)・龍御前神社(たつのごぜんじんじゃ)・惠珖寺(えこうじ)

西念寺

毛利元就ゆかりの然休上人を開基としたお寺。元就が手植えした梅の木があったとされ、毛利氏と銀山・温泉津の関係を今に伝えています。本堂の石州瓦の大屋根が美しく印象的です。

西念寺裏街道 温泉津沖泊往還道

沖泊港と温泉津を繋ぐために岩を砕き開かれた古道。馬の手綱を繋いでいた穴や奥に進むと住宅の基礎となった石垣が残されるなど歴史の深さを感じることができます。

龍御前神社

頻繁に温泉津港に出入りした北前船の守り神として信仰を集めた神社です。温泉街を見下ろす岩山にある背後の岩は龍が大きく口を開けたように見えます。

惠珖寺

戦国時代、細川幽斎が百韻連歌の会を開いた逸話などで知られます。本堂裏には、屋根の付いた廟式の廻船問屋特有の墓地が並び、北前船の交流地として盛んであった事を知る事ができます。

6.温泉津エリア:西念寺(さいねんじ)・龍御前神社(たつのごぜんじんじゃ)・惠珖寺(えこうじ)

西念寺

毛利元就ゆかりの然休上人を開基としたお寺。元就が手植えした梅の木があったとされ、毛利氏と銀山・温泉津の関係を今に伝えています。本堂の石州瓦の大屋根が美しく印象的です。

西念寺裏街道 温泉津沖泊往還道

沖泊港と温泉津を繋ぐために岩を砕き開かれた古道。馬の手綱を繋いでいた穴や奥に進むと住宅の基礎となった石垣が残されるなど歴史の深さを感じることができます。

龍御前神社

頻繁に温泉津港に出入りした北前船の守り神として信仰を集めた神社です。温泉街を見下ろす岩山にある背後の岩は龍が大きく口を開けたように見えます。

惠珖寺

戦国時代、細川幽斎が百韻連歌の会を開いた逸話などで知られます。本堂裏には、屋根の付いた廟式の廻船問屋特有の墓地が並び、北前船の交流地として盛んであった事を知る事ができます。

7.温泉津エリア:温泉津温泉(ゆのつおんせん) 元湯(もとゆ)

発見されてから1300年の歴史を持つ元湯。温泉津に永らく湯治場としての評判をつくってきた由緒ある温泉です。現在でもその薬効の高さから入湯客がたえません。

大田市温泉津町温泉津ロ208-1 TEL:0855-65-2052
8:00~20:00(平日)
6:00~20:00(土・日・祝)
休:無休(年2回臨時休あり) Pあり 有料

7.温泉津エリア:温泉津温泉(ゆのつおんせん) 元湯(もとゆ)

発見されてから1300年の歴史を持つ元湯。温泉津に永らく湯治場としての評判をつくってきた由緒ある温泉です。現在でもその薬効の高さから入湯客がたえません。

大田市温泉津町温泉津ロ208-1 TEL:0855-65-2052
8:00~20:00(平日)
6:00~20:00(土・日・祝)
休:無休(年2回臨時休あり) Pあり 有料

らとちゃんと発掘、近くのおもしろSPOT

松山の道標

石見銀山街道・温泉津沖泊道の松山古道入口にある道しるべ。ここから大森へは途中急な勾配もありますが、約12km、徒歩3時間のゆるやかな道でトレッキングに最適です。

西田のヨズクハデ

刈り取った稲束を天日干しするために立てられたもので、稲束を掛けた姿がヨズク(フクロウ)に似ていることから名付けられました。

コースマップ

らとちゃんと発掘、近くのおもしろSPOT

松山の道標

石見銀山街道・温泉津沖泊道の松山古道入口にある道しるべ。ここから大森へは途中急な勾配もありますが、約12km、徒歩3時間のゆるやかな道でトレッキングに最適です。

西田のヨズクハデ

刈り取った稲束を天日干しするために立てられたもので、稲束を掛けた姿がヨズク(フクロウ)に似ていることから名付けられました。

コースマップ
TOP